相続人がいない場合にはどうなるか

亡くなった方の相続人が誰もいない場合の規定もきちんと法律で定められています。

法律で決められた相続人がいない場合があります。
残された遺産はどうなってしまうのでしょうか。


“相続人がいない場合にはどうなるか” の詳細は »

相続するひとが多数に上る場合には

遺言をに活用することで、残された遺族の人が助かる事があります。

相続人が子供と配偶者のみであれば、相続人は多くならないと思います。
しかし、第3順位の方が相続人になる場合には事情が異なる場合が多いです。


“相続するひとが多数に上る場合には” の詳細は »

いたずらされるか、お菓子をあげる。

大人が仮装は、突然見るとびっくりしましたが、子供の仮装は可愛いものです。

昨日はハロウィンでした。
会社を出て駅へ向かう途中にも仮装した人々に出会いびっくりしました。


“いたずらされるか、お菓子をあげる。” の詳細は »

相続の欠格と廃除と放棄の違いとは

権利の移り方は理由により変わります。それぞれの事例を確認します。

相続人の順番は法律で決められています。

そして理由の違いにより、相続の権利が存在しなくなる場合があります。

その中で相続欠格と廃除、相続放棄の違いを見てみます。


“相続の欠格と廃除と放棄の違いとは” の詳細は »

妻と子と養子にやった子の相続

養子に出した子がいる場合の相続はその子に相続人の権利があるのか

養子に出してしまった子がいる場合に相続が発生した時、その相続人たる権利は養子に出した子にあるのでしょうか。
養子に出すイコール親子でなくなるという事はありません。親子の縁を切る法律は無いからです。
“妻と子と養子にやった子の相続” の詳細は »

妻と実子と養子の相続はどうなるのか

実子と養子がいた場合、相続分に違いは出るのでしょうか

子が実子以外にもいる場合の相続分はどうなるのでしょうか。
まず、妻は配偶者として2分の1の相続分があり、これは変わりありません。
“妻と実子と養子の相続はどうなるのか” の詳細は »

いつ法律上の相続分の決定がされたのか

民法に定められている、相続人の相続分と遺留分について

被相続人の死亡と同時に相続が開始されます。その時、法律で定められた割合にて相続人がそれぞれ相続します。これを相続分といいます。しかし、被相続人が遺言を残している場合はその内容に従って相続分や相続人が決められます。但し、本来の相続人には最低限相続できる財産(遺留分)が法律で定められているため、全て遺言どおりということではありません。
遺留分は、直系尊属のみが相続人である時は、相続財産の3分の1、それ以外は相続財産の2分の1となっており、遺言が残されていない法定相続分通りであれば、その割合は相続人が誰かによって変わります。


“いつ法律上の相続分の決定がされたのか” の詳細は »

周りをまきこむのが相続放棄という手続だ

相続はプラスになることばかりではありません。マイナスを引継がない、放棄についてご紹介します

相続はプラスとなる資産だけでなく、債務も同時に引き継ぐことになります。

そのため、相続そのものをしたくないというのなら、自由にその相続の権利を放棄することができます。


“周りをまきこむのが相続放棄という手続だ” の詳細は »

評価の差額による相続税の減額

相続税における評価額の算出と実勢価額を考慮して、遺産分割協議に臨みましょう

相続税は一部を除き、お金に換算できる全ての資産価値が対象となります。預貯金はその金額がそのまま相続課税対象となる相続財産に計上されますが、不動産は相続税の評価方式によって計上されるため、実際の取引価格と異なります。

これにより想定していた相続税が実際には少なくて済むということもあり得ます。

例えば、不動産を幾つか所有しているAさん。土地の有効活用を考え駐車場や賃貸マンションを建築し経営を行っていたが他界。マンションの実勢価格が3億円だったとしても、相続税の評価額が2億円と減額。加えて、アパートの建築費用を銀行の融資にて得ていたとすると、その債務額がそのまま相続資産の総額から控除されるといった具合です。
“評価の差額による相続税の減額” の詳細は »